トップページ >  くらしの情報 >   >  ふるさと納税 > ふるさとふちゅう応援サイト(ふるさと納税)
トップページ >  電子行政サービス >  申請書ダウンロード >   > ふるさとふちゅう応援サイト(ふるさと納税)

ふるさとふちゅう応援サイト(ふるさと納税)

《ふるさと府中町を応援してください!》

 「府中町に貢献したい。」「府中町を応援したい。」という気持ちを、「府中町ふるさと応援寄附金(ふるさと納税)制度」で形にしてみませんか?皆様からの温かいご支援をお待ちしています。


ふるさと納税とは 

 ふるさとに貢献したい、応援をしたいという人の思いを実現するため、地方自治体への寄附を通じて、その寄附額の一定限度を居住地の個人住民税・所得税から控除できる制度です。 このふるさと納税制度では、生まれ育った自治体への寄附に限らず、関心のある様々な自治体への寄附もできます。
 詳しくは、リンク先「総務省|ふるさと納税ポータルサイト」をご覧ください。 

 

寄附金の使い道

 府中町では、「こんな府中町であって欲しい」、「こういった分野へ力を入れて欲しい」といったみなさんの「志」を寄附を通じて「形」にするために、次の5つのコースを寄附金の使い道として設けています。
 寄附申し込みの際、希望されるコースをご指定ください。 

中学生ブラスバンド画像

1. 「きらめくふちゅうっ子」応援コース

 府中町の次代を担う子どもたちが、心身ともにのびのびと健やかに成長できるよう、教育環境の整備や子どもが安心して遊べる環境の整備に活用するコースです。

 

 

みくまり峡画像

2. 「都会のオアシスづくり」応援コース

 府中町は、まちの北東部の山地を中心に、比較的豊かな自然環境を維持しています。こうした自然環境の保全と自然共生ゾーン内の渓谷を活かした森林公園の整備に活用するコースです。

 

 

たけ神社画像

3. 「歴史と文化を育む社会教育のまちづくり」応援コース

 府中という名が示すように、府中町はかつて安芸の国府が置かれていたと伝えられ、古代安芸の国の政治、文化の中心地であったことを示す文化財や史跡・名勝がまちの中心部付近等各地へ残されています。こうした文化財等を次の世代へ保存、継承していくための活動や、歴史・文化に育まれた「ふるさとふちゅう」の社会教育充実のために活用するコースです。

 

スイミング画像

4. 「多世代がつながる輝くまちづくり」応援コース

 「ふるさとふちゅう」にお住まいの家族をはじめ、誰もが安心して生きがいをもった生活が送れるよう、ともに支えあう活力あるまちづくりに活用するコースです。

 

 

つばき祭り画像

5. 「町長におまかせ」コース

 総合計画に掲げるあらゆる場面で「豊かな暮らし心地が実感できるまちづくり」を推進するため、町長が特に必要と認める事業に活用するコースです。

 

 

   ページ上部へ戻る

寄附の方法 

申し込み方法

 府中町ふるさと応援寄附金申出書に必要事項を記入し、電子申請、電子メール、ファックス、郵便または持参のいずれかの方法で提出してください。
 府中町ふるさと応援寄附金申出書の様式は、このページの下のリンク先からダウンロードすることができます。

  • 電子申請   電子申請の専用ページから申請できます。 
  • 電子メール  zaisei@town.fuchu.hiroshima.jp   ※ 寄附金申出書を添付ファイルとして送ってください。
  • ファックス   082-286-3199
  • 郵便      〒735-8686 広島県安芸郡府中町大通三丁目5-1
  • 申し込み先  企画財政部 財政課(役場3階)  

寄附金の納付方法

 寄附金は次のいずれかの方法で納付が行えます。納付方法は府中町ふるさと応援寄附金申出書で指定ができます。
 寄附金の入金を確認した後、府中町から寄附金受領証明書を郵送します。確定申告をする際に必要となりますので、大切に保管してください。
 

  • 府中町が指定する金融機関からの納付(中国地方5県下のゆうちょ銀行を含む)
     寄附金申出書を受理後、専用の納付書を郵送させていただきます。 ※ 振込手数料は無料です。
      <指定金融機関>
      広島銀行、もみじ銀行、広島信用金庫、中国労働金庫、広島市信用組合、広島県信用組合、信用組合広島商銀、
      広島市農業協同組合、呉信用金庫、広島県・山口県・鳥取県・島根県・岡山県の県内にあるゆうちょ銀行(郵便局)
  • ゆうちょ銀行からの納付(中国地方5県下以外
     寄附金申出書を受理後、専用の納付書を郵送します。  振込手数料は無料です。
  • 府中町の指定外の金融機関からの振り込み
     寄附金申出書を受理後、振込先の口座をお知らせします。
     振込手数料は、各金融機関ごとに所定の手数料がかかり、寄附者のご負担となります。
  • 現金書留による納付
     宛名の横に「ふるさと応援寄附金」と記入し、本申出書とともに送付してください。

 ページ上部へ戻る

記念品の贈呈について

  府中町では、1万円以上寄附していただいた府中町外の個人または法人等へ、お礼として記念品を贈呈しています。
  記念品は、協力事業者(地元特産品等を通じて府中町の魅力を発信する事業者で府中町が承認した法人等)から発送します。
  希望する人は、府中町ふるさと応援寄附金申出書の下部に付された記念品申請書に、記念品番号等を記入し提出してください。

 ≪注意!!≫
  記念品の贈呈は、府中町外にお住まいの個人または府中町外に所在地を有する法人等に限ります。
  複数回の寄附をした場合、記念品は1年(1月~12月)に1回のみの贈呈となります。
  記念品を発送する協力事業者へ贈呈に必要な個人情報を提供しますので、ご了承ください。
    なお、提供した個人情報が記念品の贈呈以外の目的で使用されることはありませんが、記念品贈呈時
  には、協力事業者の商品パンフレット等を同梱する場合があります。

 

 記念品一覧

記念品番号B1 記念品名カープ抱きバットクッション

【番号】
 B1
【品名】
 カープ抱きバット
【説明】
 長さ約75センチ、直径25センチの抱きバット。とても抱き心地のよいクッションです。
【協力事業者】
 有限会社 フロンティア・スピリッツ

 

 

 

 

記念品番号B2 記念品名カープスパンコールバッグとカープリボンシュシュ

 

 

 

 

 

【番号】
 B2
【品名】
 カープスパンコールBAG(Lサイズ)と
 カープリボンシュシュ
【説明】
 野球観戦にお買い物にいろいろなところでカープをアピールできるバッグです。とてもかわいいリボン付きのシュシュは、髪留めだけでなく手首・鞄など色々な装飾に使うことができます。
 大きさは、バッグが横48センチ×縦40センチ×マチ15センチ、シュシュが約8.5センチ(リボン部分の片方)です。
【協力事業者】
 有限会社 フロンティア・スピリッツ

 

 

 

ページ上部へ戻る
 

寄附金控除の手続き

  1.  個人が寄附金控除を受けるには、確定申告が必要です。
  2.  ただし、確定申告の不要な給与所得者等の方で、ふるさと納税先の自治体数が年間5団体以内の場合に限り、「ふるさと納税ワンストップ特例制度」による申請書を寄附先の自治体へ提出することにより、確定申告を行わなくても住民税の控除を受けることができます。当制度利用の場合、所得税分の控除相当額は寄附した翌年度の住民税から控除されますので、所得税の控除はありません。
  3.  自己負担額2,000円を除いた全額が控除の対象となりますが、収入や家族構成等に応じて一定の上限があります。詳しくは、リンク先「総務省|ふるさと納税ポータルサイト」をご覧いただくか、お住まいの市区町村の税務担当課へお問い合わせください。
  4.  法人その他団体が寄附された場合は、別途損金に算入できる制度がありますので、詳しくはお近くの税務署へお問い合わせください。

確定申告で控除を受ける場合

  •  1月から12月までの寄附について、寄附金受領証明書を添付のうえ、翌年の3月15日までに、お近くの税務署またはお住まいの市区町村に申告書を提出してください。
  •  税務署から所得税の還付が受けられます。
  •  提出した申告書について税務署からお住まいの市区町村に連絡され、翌年度の住民税の税額が控除されます。

ふるさと納税ワンストップ特例制度を利用して控除を受ける場合

  •  府中町ふるさと応援寄附金申出書を提出する際、一緒に寄附金税額控除に係る申告特例申請書を提出してください。
     寄附金税額控除に係る申告特例申請書には、寄附者の押印が必要です。郵送もしくは持参してください。
     寄附金税額控除に係る申告特例申請書の様式は、このページの下のリンク先からダウンロードすることができます。
  •  寄附金の納付を確認後、府中町から寄附者のお住まいの市区町村の税務担当課に寄附金税額控除に係る申告特例通知書を送付します。
     確定申告を行うことなく、翌年度の住民税が控除されます。ただし、所得税分の控除相当額も住民税から控除されるため、所得税の控除はありません。

 ≪注意!!≫
  ふるさと納税ワンストップ特例制度の申請と確定申告を併用する場合、確定申告書の内容が優先され、
   ふるさと納税ワンストップ特例制度の申請内容は無効となります。確定申告をするときは、必ずふるさと納
   税分の申告も忘れずに行ってください。 
  6団体以上の自治体にふるさと納税をして、ふるさと納税ワンストップ特例制度の申請を行った場合、全
   てのふるさと納税ワンストップ特例制度による控除申請が無効となります。この場合、寄附金控除を受ける
   ためには、確定申告を行う必要があります。
  ふるさと納税ワンストップ特例制度の申請をした後に申請内容に変更が生じた場合、寄附をした翌年の
   1月10日までに申請事項変更届出書を提出してください。

ページ上部へ戻る

平成27年度寄附の状況

 平成27年度は、33人のみなさんから502,000円(34件)の寄附をいただきました。
 誠にありがとうございました。
 住んでよかった、住んでみたいまちづくりに向け、指定使途の事業に活用します。

寄附申込内容(敬称略、順不同)

氏名 住所または件数 指定使途 活用内容 活用年度
下村 朱美 東京都 「きらめくふちゅうっ子」応援コース 小学校の備品購入 平成28年度
新田 裕彦 広島県
匿名 9件

西田 誠

東京都

「都会のオアシスづくり」応援コース

水分峡森林公園の備品購入
匿名 1件

北原 高志

兵庫県

「歴史と文化を育む社会教育のまちづくり」
応援コース

文化財の保護支援
匿名 4件
匿名 14件 「町長におまかせ」コース 小学校の備品購入
匿名 2件

起債の償還

 

 ページ上部へ戻る

リンク

 


添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)
-お問い合わせ-
企画財政部 財政課
電話番号:082-286-3132

このページは見つけやすかったですか?
   
このページの内容はわかりやすかったですか?
   
このページの内容は参考になりましたか?